ふたつの種類がある | カードローンであなたもお金を借りてみませんか?

カードローンであなたもお金を借りてみませんか?

ふたつの種類がある


「ふたつの種類がある」のフォト画像です。

まったく同じカードローンでも、実は大きく分けて2種類あることをご存知でしょうか。
カードローンを使ったことない人だと、おそらくわからないと思います。
そのため今回は、初心者のためにカードローンの種類に関する説明をしていきましょう。

基本的にカードローンは「消費者金融系」と「銀行系」の2種類が存在します。
なお消費者金融と闇金は全然違うので、勘違いしないようにしましょう。

ではそれぞれの違いとは一体なんなのか?
まず消費者金融系のカードローンを利用する場合、総量規制の対象になるということ。
総量規制というのは要するに年収の3分の1までのお金しか借りられないといったルールになります。
つまり消費者金融からカードローンを利用するときは上限が最初から決められているわけです。
またいくつかの会社からお金を借りる場合は、その合計が年収の3分の1までになりますので注意してください。
ただ消費者金融のカードローンは、審査に通りやすいのが特徴です。
そのため高確率でカードローンを利用することができるでしょう。

一方で銀行でカードローンを利用する場合は審査がかなり厳しめになってしまいます。
そのためなかなかカードローンの利用が開始できない場合もありますが、銀行カードローンは総量規制の対象にはならないので利用が圧倒的にしやすいと思います。
また銀行系のカードローンの場合は、消費者金融のカードローンよりも金利が安いので負担も大きく軽減することができるでしょう。
さらに収入がない主婦の人も、場合によっては利用することができます。